最近は副業でネットビジネスをしているサラリーマンなどが増加しています。ネット副業にも色々な種類があり、アフィリエイト、ネットショップ、FXなど様々です。ネットビジネスを成功させるために中古ドメインを使ってみましょう!

中古ドメインを運用している人たちの画像

中古ドメインの(www)ありなしの違い

ドメインには「http://」のあとにwwwがついている場合とついていない場合があります。
wwwの入力を省いて、URLを貼り付けてもリンク先としては効果がありますが、中古ドメインを利用するときには注意した方がよいでしょう。
たとえば過去はwwwありで運用していたとします。
中古ドメインを購入後、wwwなしで運用すれば、そのサイトは過去のサイトと違うものだとグーグルが判断するわけです。
そのため中古ドメインの利点を教授することができません。
また、リンク効果にしてもwwwのあるなしで影響があるといわれています。
過去のバックリンクをみて、どちらでリンクが送られているのか見たほうがよいでしょう。
以前にどのようなURLで運用されていたかはahrefsやhanasakiganiといったツールから確認することができます。
有料会員もありますが、無料で利用することもできるので、ぜひ一度活用してみてください。
もしどちらのリンクもあった場合は、リンク元ドメインの価値が高いものを優先すればいいでしょう。
ドメインの価値として、公共機関>教育関連>SNS>一般ドメイン>アダルト系といわれています。
あくまで理論的な順位なので細かくいえば変わるところがあるかもしれませんが、おおよそこのような順列です。
もし公共機関からwwwありでリンクをもらっており、他のサイトからwwwなしでリンクをもらっているのであれば、wwwありで運用したほうがよいというわけですね。
このようにwwwのあるなしはリンク効果やドメインのキャッシュに影響を及ぼします。
中古ドメインを購入する際には、以前のサイトでどのように運営されていたかを確認するようにしてくださいね。