最近は副業でネットビジネスをしているサラリーマンなどが増加しています。ネット副業にも色々な種類があり、アフィリエイト、ネットショップ、FXなど様々です。ネットビジネスを成功させるために中古ドメインを使ってみましょう!

中古ドメインを運用している人たちの画像

2016年11月の記事一覧

中古ドメインの(www)ありなしの違い

ドメインには「http://」のあとにwwwがついている場合とついていない場合があります。
wwwの入力を省いて、URLを貼り付けてもリンク先としては効果がありますが、中古ドメインを利用するときには注意した方がよいでしょう。
たとえば過去はwwwありで運用していたとします。
中古ドメインを購入後、wwwなしで運用すれば、そのサイトは過去のサイトと違うものだとグーグルが判断するわけです。
そのため中古ドメインの利点を教授することができません。
また、リンク効果にしてもwwwのあるなしで影響があるといわれています。
過去のバックリンクをみて、どちらでリンクが送られているのか見たほうがよいでしょう。
以前にどのようなURLで運用されていたかはahrefsやhanasakiganiといったツールから確認することができます。
有料会員もありますが、無料で利用することもできるので、ぜひ一度活用してみてください。
もしどちらのリンクもあった場合は、リンク元ドメインの価値が高いものを優先すればいいでしょう。
ドメインの価値として、公共機関>教育関連>SNS>一般ドメイン>アダルト系といわれています。
あくまで理論的な順位なので細かくいえば変わるところがあるかもしれませんが、おおよそこのような順列です。
もし公共機関からwwwありでリンクをもらっており、他のサイトからwwwなしでリンクをもらっているのであれば、wwwありで運用したほうがよいというわけですね。
このようにwwwのあるなしはリンク効果やドメインのキャッシュに影響を及ぼします。
中古ドメインを購入する際には、以前のサイトでどのように運営されていたかを確認するようにしてくださいね。

続きを読む

中古ドメインを買う上での注意点

中古ドメインは上位表示までのスピードが速く、すでに被リンクがあるためサイトの価値が上がりやすいというメリットがあります。
被リンク元のサイトのランクが高ければ、ドメインパワーも強くなるのでおすすめです。
ただ購入に際し、いくつかの注意点があります。
ひとつは被リンク数・被リンクドメインの数です。
これらの数があまりにも多すぎる場合、こちらが再度リンクを加えるのにそれなりの数が必要となります。
リンクドメインが多いとリンク効果が分散され、目的としているキーワードで上位表示しにくいというデメリットがあります。
さらにグーグルのアルゴリズム変更や過去のサイトと内容が大きく変わったことでランキングから”飛ぶ”可能性があります。
もちろん中古ドメイン=だめというわけではありませんが、突然キャッシュされないということになるリスクがあることは頭に入れておいたほうがよいでしょう。
また価格帯においても高額のドメイン=上位表示というわけではないことです。
高額のドメインは被リンク数が多く、大きな規模や公式サイトであることが多いのですが、そのようなドメインは過去のサイトの影響が強いため、新しくサイトを作ってもリンク効果が小さいという可能性があります。
新しいバックリンクを送っても反映に時間がかかることなどを考えれば、あまり効果的ではないかもしれません。
ただすでにキャッシュされたドメインなのでグーグルのクローラーに反映されやすいというメリットもあります。
そのため新規ドメインより早く上位表示につながるというわけです。
メリットやデメリットを考慮しつつ、上手に中古ドメインを上手に使いながら、サイト作成やページの作成に役立ててくださいね。

続きを読む